禁煙するには準備が必要

タバコは、自分にとって必要なモノだと思っている。しかし、肺ガンは嫌だ。健康でいたいので、とりあえず禁煙してみよう。こんな感じで禁煙を始めた方はいますか?タバコを「愛おしいモノ」だと思っている限り、禁煙は不可能です。タバコの実態を知って「自分にとってタバコは不要だ」と思った瞬間、この瞬間が、禁煙に成功した瞬間なんです。

1.あなたが禁煙したいと思うこと

周りから禁煙を勧められて禁煙に成功した人はいません。あなた自身が禁煙したいと思わない限り、禁煙できません。ニコチン依存症という病気を治すのは、あなた自身なんです。

2.敵を知ること

ニコチンと戦って、あなたが勝てば禁煙成功です。戦う前に、まずはニコチンという"敵"について調べてください。戦う前に、武器を用意して、作戦を練ってから挑んでください。

3.一本吸ったら地獄

物質の依存症は、麻薬・アルコール・タバコ。酒は適量なら問題ありません。健康に役立つと言う人もいます。しかし、タバコは、1本吸ったら病気になって治療が必要です。喫煙者は全員、病名「ニコチン依存症」という病気にかかっています。

4.禁煙失敗例

「お酒の席で、隣の人から1本貰いタバコ」「ストレスが溜まり、ついつい1本」「1年禁煙してるんだから、1本ぐらいなら問題ないだろう」この1本が命取り。元の喫煙者に戻ってしまいます。

5.いざ、禁煙

タバコについて誰よりも詳しくなったら、もう怖いものはありません。ニコチンを敵視するようになったあなたは、禁煙成功者です。残りのタバコ・灰皿・ライターはゴミ箱へ。まずは3日間、禁煙にチャレンジ!

6.目標は一週間

一週間禁煙を目標にしてください。一週間禁煙できたなら、イライラが無くなって楽になります。次の目標は一か月、三ヶ月、半年、そして最終目標は一年です。

7.失敗してもいいんです

禁煙に失敗したからといって、諦めてはいけません。「2」に戻って、武器や作戦を変えて、何度も挑戦してください。失敗しても元の喫煙者に戻るだけです。自分を責めてはいけません。

8.禁煙成功?

タバコに詳しい人ほどタバコを嫌います。情報収集能力の高い人はタバコを吸いません。隣の人が吸っているタバコを見て・・・「美味しそうに吸ってるなあ」って思った人は禁煙できません。「可哀想な人だなあ」って思った人は禁煙成功です。